躁うつを繰り返す人は双極性障害を疑え|チェックすべき項目

双極性障害を繰り返さない為に

心の病気を発症したら

先生と患者

双極性障害でチェックするべき点として、患者の中には自分が偉くなったと感じて周囲と接し、人間関係を壊してしまう事があること、自分には価値がないと感じ自殺を考えるようになることなどがあります。双極性障害の注意点は、疾患への病識がないこと、自信過剰になり仕事を受けすぎてしまう事などが挙げられます。

View Detail

個人で工夫し精神病予防

病院

以前は躁うつ病とも呼ばれていた病気が双極性障害ですが、簡単にセルフチェックできるサイトが開設され、また多くのサポート書籍が販売されています。唐突な躁状態やうつ状態を繰り返すなら、セルフチェックを行なって専門科での診察を受けるのが望ましいでしょう。

View Detail

感情の起伏の病気を学ぶ

男の人

元気な時に注意する

双極性障害とは、躁状態とうつ状態を交互に繰り返す疾患です。躁状態とは、非常に気分が高ぶることで、非常に活発になります。一方うつ状態は活発さがなくなり、活動性が低下します。双極性障害をチェックするときには、この二つの症状が必ずあるか確認する必要があります。双極性障害の治療において、チェックしておきたい場面があります。それは躁状態のときの活動状況です。患者が躁状態のとき、一見すると元気なように見えます。いつもはしない部屋の掃除をしたり、日頃あまり話さない人と長時間話をしたりするからです。このような症状は双極性障害が回復したのではなく、逆に疾患が強く発症していると考えられます。双極性障害は精神的なエネルギーが減少した場合に、うつ状態に変わります。躁状態のときに活発に活動してしまうと、うつ状態を悪化させることにつながるのです。なぜなら、躁状態の時に多くのエネルギーを日頃しないことに費やしてしまうからです。躁状態のときにはチェックすることは他にもあります。躁状態の時には活発になりすぎて、人間関係を損なうことが多いのです。患者が精神科の病院などに入院している場合は周囲も患者なので、患者間の人間関係が悪化することになります。これは患者本人にとっても、周囲の患者にとっても非常にマイナスなことなので、医療者は特に注意が必要なことになります。このようなことから、躁状態のときに一番チェックするべきは、しっかり患者が安静にしているかです。躁状態のときは感情が高ぶりそわそわするのですが、それがどの程度抑えられているかが重要です。

疾患の特徴を知ろう

双極性障害は、躁状態とうつ状態を繰り返します。この繰り返し方は患者によって非常に個人差があります。例えばある患者は、躁状態になってもあまり活発にならず、躁状態になってもあまり周囲に影響を及ぼしません。しかし、躁状態が終わると、一気に重度のうつ状態になり、食事がとれなくなったり、悲観的になったり、夜眠れなくなるなどの症状が出現します。また、ほかの患者は躁状態が非常に強く期間も非常に長くなり、その後少し躁状態でもうつ状態でもない状態が続いた後、短期間のうつ状態が発生します。双極性障害の治療も特徴的です。薬物療法では、患者の精神状態がコロコロと変化するため、変化するたびに使う薬を少し変化させる必要があるのです。方法としては、メインの薬は変えないで、屯用で症状に合わせて薬を変えます。治療方法が変わるのは薬物療法だけではなく、作業療法においても変わります。躁状態が激しい場合は、比較的体力を使わない作業療法が選択されます。畑仕事やゲートボールなどの体を動かすものは、必要以上に体力を使ってしまう危険性があるため選択されません。逆にうつ状態の時は、程度によっては作業療法を中断したり、映画鑑賞やアロマテラピーなどの楽しんだり、リラックスできる治療が優先されます。双極性障害はこのように常に症状が変わるため、関わる人間がいつも患者の精神状態を評価する必要があります。また患者自身にも自分の状態を客観的に評価できるようになってもらうことが重要です。これを行うには、患者と医療者や家族の間に強い信頼関係を持ち、一緒に治療していくことが大切です。

社会的な問題が起こる

先生

双極性障害はうつ病とは違います。たとえうつ病と診断されても自分でチェックを行うことは大切なことです。双極性障害はうつ病の薬では改善することはありませんのでチェックを行って、双極性障害の症状があれば医師に相談してみてください。

View Detail