躁うつを繰り返す人は双極性障害を疑え|チェックすべき項目

笑う女医

社会的な問題が起こる

先生

鬱の状態から始まる

双極性障害は、気分が落ち込んでしまう鬱の状態と、気分が高揚してしまう躁の状態を繰り返して起こしてしまう病気です。以前は躁うつ病と呼ばれていました。発症は20から30代に多く発症して、男性よりも女性が発症する率が高くなっています。気分が躁の状態になってしまうと、気分が極度に高まってしまって誇大妄想を描いてしまったり、しゃべりすぎたり、金遣いが荒くなったり、睡眠をとらなくなったりといった症状が現れてきます。そのために社会的な問題行動を起こしてしまうことも珍しくはありません。家庭や地位、財産を失ってしまうなどの深刻な状態に陥ってしまうこともあります。周囲の人がこの状態に巻き込まれてしまって、疲労がたまってしまうことも少なくはありません。双極性障害の大部分は、鬱の状態から始まっていきます。躁の状態になっている期間より、鬱の状態になっている期間が長く鬱の状態のときには、うつ病の症状となんら変わることはありません。それが原因でうつ病と間違って診断されることも多くなっています。ですが双極性障害はうつ病とは全く違った病気になりますから、鬱病に使用する、抗うつ薬を投与してもほとんど症状の改善は見られません。薬の種類によっては症状が、悪化してしまうこともあります。治療を行っていくためには専門医が正しい症状の診断を行わなければなりません。受診するときには専門医で、双極性障害の正しい判断ができる医師の診察を受けることが、非常に重要になってくるようになります。

自分で調べてみる

双極性障害治療には、炭酸リチウムなどの気分安定薬をよく使用して治療を行っていきます。この薬を服用することで、症状の改善は可能になりますが途中で服用をやめてしまうと、再発してしまう可能性が高くなってしまいます。症状が消えてなくなってしまっても、この薬を服用し続けることで、再発を予防することができて発症する前と変わらない生活を送ることが可能になっています。治療は長い期間をかけて行われることが多くなっていますから、精神的に前向きな気持ちで治療に臨んでいくことが大切になってきます。うつ病と病院で診断されたとしても、双極性障害の可能性があります。次のようなチェックを行って一つでも当てはまることがあれば担当の医師に伝え、改めて診断を行ってもらうようにしてください。自分でチェックする内容は、気分がよくなりすぎる、自分がなんだか偉くなったように感じてしまう、眠らなくても平気になってしまった、声が枯れてしまうくらいに自分は話を続けることができる、金使いが荒くなってしまった、ほかの人から人が変わってしまったようだとよく言われてしまうなど、自分でチェックを行って当てはまるような症状があれば、主治医に相談してください。とにかくうつ病の薬では双極性障害は改善しません。ですから自分でも入念にチェックをすることも非常に重要なことになってきます。いまは心療内科など医療機関も充実してきているので、そこに行って検査やカウンセリングをして解決をしていきましょう。